口述試験を受けた・成長しない娯楽

10/23(土)、10/24(日)に行われた予備試験の口述試験を受けてきました。

 

受け終わった感想をまず一言出すとすると、めちゃくちゃ疲弊しました、ということを真っ先に言いたいです。

 

噂には聞いていましたが、ここまできついとは、、、

 

95%という高い合格率とは裏腹に、というかそうだからこそ、とっても大変な試験でした。

 

 

口述試験の大変さ

まず、95%という合格率なので、絶対落ちれないというプレッシャーがあります。
しかも、これに相手が全員予備試験論文試験を突破した人というプレッシャーも加わります。これがまず、口述試験のきついポイント1です。

 

さらに、それまで5月に短答を受けて7月に論文試験を受けて、それから10月末に口述試験を受ける、という約半年もの試験の期間を積み重ねているので、口述試験で失敗すればその積み重ねが吹っ飛ぶという、失うもののデカさという辛さがあります。これも絶対に落ちれないというプレッシャーにつながっています。きついポイント2です。

 

 

 

まだきついポイントは続きます。今書いてる間に口述試験の辛さを改めて感じています笑

 

次に、論文試験はだいたい有名な論点や論文試験でよく出される論点が出ます。しかし、口述試験では何が出るか予想ができません。論文式試験で聞かれるような有名論点を掘り下げて聞かれることもありますし、手続的で形式的な事項など論文式試験でまず聞かれないようなことを根掘り葉掘り、条文番号まで細かく聞かれることもあります。なので、まともに対策しようとすると、膨大な量をこなす必要があります。これがきついポイント3です。

 

 

 

ではきついポイント4です。それは、面接試験であることです。
口頭で本業が弁護士や検察官である試験官から出された問いに答える必要があるのですが、論文式試験では考えてから確信を得たことを何か書いとけばいいし、後から二重線で訂正することもできます。

しかし、口述試験では、問に対して素早く反応する必要があります。しかも、普段の勉強では使わない口を使って反応する必要があります。なので、普段全く使わない能力をいきなり二日間も使わせる必要があります。

さらに、早く反応するためには、悩んでる暇が数秒程度、うーんとかで引き伸ばしても10秒ぐらいしかないので、記憶の確度を高める必要があります。なので、暗記の量と暗記の質が膨大になります。

 

最後に、面接試験であるということは、相手の印象が大事だということになります。これは2つの意味でしんどいです。

1つは、相手とコミュニケーションをうまく取る必要があるということです。印象とか、人間性とかそういうものも左右しているはずなので、試験とは違う難しさがあります。印象とかが介在するということは、試験官との人間性の相性など理不尽な理由で落とされる可能性も頭によぎります。このおそれを抱くのもかなりストレスです。

2つ目は、落ちたら人格を否定されたような気分になるかもしれない、という恐怖です。実際は、人格を否定されたからではなく、うまく答えられなかった人が落とされるのだと思いますが、落ちた人がそのような気分になってしまうことは、説明しなくてもご理解いただけると思います。

 

 

あと、午前中は浦安というあんまりアクセスの良くないところに朝8時30分に行かなければならない、遅れれば試験を受けられない、というストレスもあげることができるでしょう。

 

このように予備試験というのは高い合格率のように見えて、精神的にとってもしんどい試験なのです。

 

私は、この二週間本当に疲れました。質のいい睡眠をとることができませんでしたし、心が休まることもほとんどありませんでした。しばらく回復に努めたいと思います。

 

■成長に結びつかない娯楽をする

これまで2年間ぐらいスマホをいじるのと音楽を聴く以外の娯楽をあまりしてこず、しかも、娯楽をするにしても有益な動画を見るとか、クラシックを聞いて知ってる曲のレパートリーを増やすとかのなんらかの成長を企図したコンテンツをほとんど無意識に選択してきました。

ところが、最近はさすがに色々としんどくなってきたり、なんか常に命を燃やしてる気がするので、日常の役に立たない何かの成長もしないエンタメも悪くないなと思ってきました。

 

なので、FIFA22とゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをamazonで注文しました。

 

FIFAは一番好きなゲームなのでこだわって進めたいです。

ゼルダの伝説は、今めちゃくちゃしたいゲームではないんですが、名作すぎるらしいので、どうせいつかは買うということで、この機に買いました。中古価格も下がる気配がないですしね。

 

 

ちなみに、口述試験から帰ったあと、開放感からスシローでビール飲みながら好きなだけ頼んでたら一人なのに会計が5000円弱になってぴえんでした。

でもお店でお酒が飲めるようになったのは本当に喜ばしいことです。これからもし緊急事態宣言が出ても、アルコールの全面禁止という無意味で過剰すぎる規制はやめてほしいです。

もし、飲食店に何か制限をかけるとしても、宴会を禁じればいいだけで、アルコールを禁じる必要はありません。政治家が政治資金パーティとかしたいからアルコールの方に標的を向けただけです

 

こんなアルコール禁止とかいうへんてこりんな規制に誰も声をあげない世の中でも別に私は普段お酒を飲まないので困らないんですが、単純に、哀れだなあ傍観してます。

 

 

書いてて疲れましたので、寝ます。

 

 

 

試験終わったらやりたいこと

なんだか空気が乾燥してきましたね。

コロナで在宅の時間が長くなってきてからはそうなのですが、夏より冬の方が喉が渇きます。水分消費量がかなり上がります。

 

とっても久しぶりに加湿浄水器に加湿用の水を入れました。

 

ちなみに、私の使っているものはこれです。

 

在宅が長くなってきて、精神衛生が悪くならないように買いました。買った後にかなり安くなってきて少しがっかりしたような記憶があります。

 

私が買った去年の12月は26000円ぐらいしましたが、今は2万円を切ります(安くなりすぎだろ、、)。

 

 

 

口述試験の勉強がしんどいので、また試験終わったらやりたいことでも書きます。

 

昨日はゲームをしたいとか話しましたけど、実は私は趣味は多い方だと思います。

 

■クラシック系

まず、楽器をピアノともう1つぐらい弾けるのでそれを練習したいです。ただ、今はピアノしか持ってないのでその練習しかできません。今までベートーベンとかモーツァルトとかまともに練習してないので、もうちょっとロマン派の曲とかも練習したいですね。

 

あと、オーケストラをやっていたので、オーケストラを聴きに行きたいです。最近は、海外のオーケストラ、ベルリンフィルバイエルン放送交響楽団とかが来ないので残念です。ウィーンフィルは来てるようですが。

 

 

ある程度クラシックに詳しいので、せっかくならめちゃくちゃ詳しくなってやろうと思っているので、オペラのDVDを買い漁って、曲覚えるくらい聴きたいです。

 

■筋トレ

筋トレがしたいです。

私はジムを契約したことが何回もありますが、なにせものぐさなもので、全然元が取れるほど通いません。

 

なので、家の玄関にトレーニングマットを引いて、重量が可変式の値段の張るダンベルを置いて自宅で筋トレできるようにしました。

 

口述試験を言い訳にそこまでできてませんが、今度こそガチで取り組みたいです。

 

ちなみに、私が筋トレをする理由は2つの意味で精神が安定するからです。

 

まず、運動することによって心身共に健康になる、筋トレすることによって自己肯定感が上がるという意味です。これはみなさんそうだと思います。

 

もう1つは、いざとなったら相手を物理で倒せる、という手段を取れると「思い込める」意味で精神衛生上筋トレが有効に作用する、という意味です。

 

これもある種大事なことです。

 

■読書・勉強

普通に、法律以外の勉強、もしくは司法試験に関係のない勉強がしたいです。

 

まずは、語学です。英語・ドイツ語・韓国語あたりを勉強したいです。今でも洋書はたまに読んでますが。

 

 

あと、有名な古典文学作品を読むと精神衛生上よいですね。会話の武器になり得ますので。

 

あと、インターネットやってる上で結構怖いことがあるので、著作権法を勉強したいですね。

 

そのほかは刑法か憲法マニアを名乗りたいので、関連書籍を読みまくりたいと思います。

■買い物

本棚が飽和してきた、というかもう溢れているので、kindleを買おうと思います。

 

ipadも持っているのですが、目痛くなるのでバックライト式のタブレットで長時間読書するのはキツいです。

電子書籍はやはりkindleでしょう。

 

あと最近uniqloでしか服を買っていないので、もうちょっといい服を買って気分良くなりたいですね。

 

ちなみに、最近amazonで色々買いすぎて毎月のクレジットカード額がやばいです。

必要なものしか買っていないので自分では違うと思っているのですが、若干買い物依存症なのかもしれません。

 

 

■旅行

旅行がしたいです。せっかく全部オンライン授業にしたのでどこか空気の綺麗で自然が豊かなところに一週間ぐらいこもって、邪気を払いたいです。

 

 

はい。とにかく、口述試験は精神衛生によくないです。

今日も、メンタルヘルスケアのためにやりたいことを書かせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス閾値

■ストレス閾値を越えた話

 

口述試験のストレスが溜まりに溜まったのか、昨日は全然勉強できませんでした。

勉強できないならまだしも朝まで寝れない始末。もう寝れる気がしなかったので、朝までアマプラ見てました。ただ、幸い、自分は寝なくてもそこそこ活動できるタイプなので、今日はそこそこ勉強できました。

 

2日前とか3日前も結構ストレスな感じで辛かったです。

 

なんでそんなにストレスが溜まるかというと、要件事実があまり好きではないからです。要件事実は他の法律の勉強に比べると、あまり論理的でない気がするからかもしれません。

 

今はもう好き嫌いとかを忘れて愚直に書いたり声に出したりしていますが、だいぶ覚えられてきました。あとまる3日くらいしかないので頑張って覚えたいです。

 

口述試験が終わったら1日に息抜きを入れるようにする。

自分は、1年半くらい前から食生活を抜本的に変えて栄養バランスにかなり気を使ってきました。食事のみではなく、サプリ等も使用し、ファストフードや砂糖菓子、アルコール等をほぼ取らずに1年間は過ごしました(最近は少しだけ食べてもいいようにしていますが)

 

その結果、メンタルや集中力や脳の働きがかなり改善し、勉強しても全然疲れなくなりました。

 

それから、集中力が途切れてばかりで、勉強に着手することも難しかった私が、1日中ずっと本を読んだりしても平気なようになりました。

 

ところが、そうは言っても、流石にゲームとか映画を見るとか息抜きをせずに、そのように一日ずっと本を読んだり用事をしたりする生活をしていたら疲れてきたのか、先述のようにストレスの閾値が超えてきたような気がします。

 

なので、口述試験が終わったら、ある程度は、ゲームをしたりして息抜きの時間を作りたいと思います。

 

 

私はサッカーゲームが大好きなので、FIFA22を買おうと思います。

 

あと、ずっとやりたかった、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドもやりたいです。ポケモン剣盾もすでにやってはいるものの、ガチ対戦にも参戦したいです。ゴーストオブツシマもやりたい。

 

最近、子どもの時にやっていたカードゲームもやりたくなってきたので、遊戯王、デュエマ、ポケモンカードとかも集めたりプレイしたりしたいですね。

 

 

あと、たまにはロースクールにしゃべりに行こうかな。

 

、、という感じで、ストレスがキツくなってきたので、口述試験後にやりたいことを羅列してきました。

 

まあ、今はそうやって終わった後の楽しいことを考えて、口述試験まで頑張るしかありません。

 

食欲なかった話とか予備の成績とか

前回の記事で言ったようにツイート禁止を昨日からしていますが、やはりツイート内容をかんがえたりしてしまいますね。もうちょっと禁止期間が続けば、ツイートを考えないようになると信じて継続したいと思います。

 

■食欲がなかった話

実は8月の終わりぐらいから食欲が全然ありませんでした

普段はプロテインとか飲んでて、肉もガッツリ食ってたのに、夏の暑い時期あたりからお腹が減らなくなりました。

お昼ご飯とか晩御飯とかを全然食べなくても、全然空腹感がやってきませんでした。

 

 

なので、しばらくプロテインとか肉とかをやめて、サラダとかお蕎麦とかを食べていました。

 

今もあまり減らないことには変わりないですが、最近になって「逆に肉を食ったら食欲出るんじゃないか」と思って肉を結構食べるようにすると、ちょっと空腹感を感じる時が増えてマシになってきました。今日はお昼からステーキを食べたのですが、食後から頭がかなり冴えている気がしました。

 

やはりお肉を食べるのは大事なのだろう、と改めて思いました。

 

 

■予備試験論文の成績について

twitterでは書いたのですが、予備試験の成績が帰ってきました。

 

 

 

100位に近い順位ぐらいは取れたのではないか、と思っていたのですが、現実は200位台後半と、なかなかそういうわけにはいきませんでした。

 

正直、通知を見てしばらくは結構がっかりして自信が削がれた気がします。

 

▷敗因① 一般教養・実務基礎科目

ただ、司法試験にはない科目である一般教養がE実務基礎科目がCというのが痛かったのかなと思います

 

実務基礎科目は民事と刑事で2科目分の点数があり、合格者は高得点を取っている人も多いと思うので、そこで差がついた部分もあると思います。

 

なので、それを差し引いて考えると、司法試験でも受ける7科目だけで考えると100位ちょうどに近い合格者とそこまで差はないのかな、とも思います。

 

ですから、自分の書いた答案が、書き方レベルで悪かった、とか、内容が全然出来ていない、とか、過度に自分を疑いすぎるのも良くないのかな、とも思っています。

 

 

もちろん、実務基礎科目や一般教養を含めての予備試験ですから、そこは自分の実力と努力が足りなかったせいでしかないので、大いに反省したいです。

 

▷敗因② 刑訴が予想Aなのに結果はD

あと、100位ぐらいに入ってるという自分の予想と、200位台後半という実際の結果の乖離にはもう1つ大きな要因があって、それは刑訴がとても良く出来てAの中でも上位だろうと思っていたのが、Dだったことです。

 

よく考えてみると、設問1つ目も2つ目も検討すべき要件を落としていた気がします。

 

これはケアレスミスといえばケアレスミスといえるし、実力不足ともいえます。

 

 

これが予想と結果の乖離の大きな要因かなと思っています。

 

 

これは、書き方とか表現方法の問題ではない以上、改善しやすいポイントだと思うので、本試験ではもうちょっといい順位で受かれるように、答案練習を頑張ろうと本当に思いました。

 

 

正直、私は、答案練習をほとんどやっていません。

 

理由は時間と手間とエネルギーがかかるのでなんとなくコスパが悪い気がする、というものでしたが、予備試験でいい結果が出なかった理由が答案練習不足である以上、もうやるしかないと思って、残りは熱心に取り組みたいと思います。

 

そして、できるだけ他の人に答案を見てもらう機会をたくさん作りたいと思います。

 

 

勉強の夜型・口述試験に向けて

久しぶりのブログ投稿になりました。

 

■口述の勉強とか

来週の土曜日と日曜日が口述試験なので、あと勉強できるのはちょうど一週間ぐらいになってしまいました。

 

ロー行きながら勉強はなかなか大変です。私は最終学年なのでまだ授業は少ない方ですが、必修科目をたくさん受けながら予備試験の論文や口述に望まれる方には本当にリスペクトします。

 

私が口述試験で一番不安だったのは、要件事実です。論文式試験も実務科目はほとんど勉強しなかったので他の7法科目でどうにかした感じがします。


要件事実さえ先に覚えてしまえば、民法や刑法、民事手続、刑事手続きは普段から基本書をそれなりの頻度で読んでるのでそれを見直せばいける気がします。

 

なので、少なくとも明日には要件事実をほぼ覚えてしまいたいです。

 

■ホテルとった話

あと、受験票が届いたので口述試験の朝がめちゃくちゃ早いことに気づき、やばいと思ってホテルを予約しました。

 

ホテルで勉強したかったので、洋室が取れてよかったです。とても大事な試験なので、一人で泊まるには高い部屋ですが、必要経費と割り切ります。空きが少なかったのでかなり広い部屋になってしまいました(笑)。

 

SNSとか

あと、noteやブログの記事を読んでもらいたくてtwitterも予備試験論文合格発表前に作ったんですが、やはりtwitterは受験生にとって本当に良くないと思います。

 

tweetできそうなことがあったらそれを呟きたくなってしまったり、ぼーっとしてる時にツイートする内容を考えてしまいます。

 

なので、私は少なくとも口述試験までは原則ツイートしないことにします(ブログやnoteの更新告知以外)。

頭の容量がtwiiterの内容に取られてしまうのは本当にもったいないことだと思います。

 

予備試験終了後から司法試験までもtweet禁止を維持するかはまだ決めてないですが、何らかの制約は付したいです。

 

 

■勉強をする時間帯

私は勉強するとき、なるべく朝型がいいと思っています。なぜなら朝型が時間を有効に使えるからです。勉強の夜型は一般的にはデメリットが多いと思います。

なぜなら、カフェとか図書館で勉強しようとしても、昼からだと勉強時間を確保しにくいから、とか、色々世間と合わないところが出てくるからです。

 

ですが、私はどれだけ努力しても朝型になれませんでした。いつも夜遅くまで起きて起きるのも遅くなってしまいます。

 

その度に私は罪悪感を感じて勉強のモチベーションが下がってしまいました。

 

 

しかし、もう朝型になるのは無理だと諦めようと思います。

 

幸い、私は家で勉強するのが苦になりません。あと夜の方が出かけるとか勉強以外の行動の選択肢がほとんどないので集中できます。

 

私は夜型を受け入れようと思います。そして、そのメリットを見出していこうと思います。

ハリルホジッチ解任と因果応報、口述試験とか

予備試験の口述模試の予約をとりあえず確保できたのでホッとしました。再現も手に入ります。

 

あと、論文試験終わってから昨日まであんまり勉強してなかったので口述試験のことほとんど知らなかったのですけど、だいぶ大変ですね。死ぬほど勉強します。

 

 

さて、今日起きたらワールドカップ予選の日本対サウジアラビアの結果が出てました。

 

まあ日本の負けは予想通りでしたけどね。

 

みんなが指摘してる通りあの監督では勝てないでしょう。素人に何がわかると思うかもしれませんが、森保監督がダメなのは幼稚園児でもわかります。というかスタメン見ただけで誰でもわかるレベルにヒドイですね。

 

私は2018年のロシアW杯前にハリルホジッチ監督を解任したのをバチバチにキレてて今でもその怒りは収まってないんですが、自業自得としか言いようがありません。

 

監督が変わってどう思いますか、という質問に大迫が「プラスでしかない」と言っていたのもとっても腹が立ちました。ポジティブなことを言うのは全然いいのですが「プラスでしかない」は言葉のチョイス悪いです。ハリルホジッチに対するリスペクトなさすぎです。

 

 

そもそも、ハリルホジッチが解任された理由は、選手選考がスポンサーの意向に反する(本田と香川を選ばない)というものと、日本人には日本人の監督が合う・外国人は日本人に合わない(日本人的な調和?を重んじないから)という「しょうもない」理由でした。

 

森保監督は日本人監督ですが、まさしく日本人らしい選手の起用法でして、調和を重んじて過去の実績がある「先輩」(長友・大迫・柴崎など)を調子が悪くてもスタメンとして起用します。

 

さらに、日本人らしく調和を重んじて、選手に指示を与えず、選手の「自主性を重んじ」ます。

 

その結果がアレです。田嶋さんは森保監督と心中するつもりなので、ワールドカップは絶望的ですね。オーストラリア戦後すぐに監督変えたらW杯出場の確率は上がるでしょうけど、もう2回負けてるのでそれもきついでしょうね。

 

今の日本代表は日本人らしさを求めた結果、高校の部活みたいな感じになってしまいましたね。森保さんは部活の監督としてはとってもいい先生で、選手にも好かれるのだと思いますが、監督としてやっていることも部活レベルのように見えます。まあそれもまた日本人らしいなと思いますけど。

 

 

 

日本人らしさ、とかいう訳のわからないことはサッカーに限らず求めない方がいいですね。きちんと論理的に言語化できるルールとか原理を設定しないと、何も実りあるものはできません。非論理性はすなわち失敗です。非論理的な物事の進め方で、たまたま結果は出ることはあっても、継続性と再現可能性はないので、近いうちに必ず大失敗します。

 

たぶん、サッカー協会の会議でも「日本人らしさ」がウンタラカンタラとか一生懸命議論してるんでしょうね。そんな会議ならしない方がマシですね、時間の無駄ならまだしも有害でしかありません。

 

まあ、私はサウジアラビア戦の結果を見て、ハリル解任の時にブチギレてたあの時の気持ちは間違ってなかったと思い、それが帰ってきた結果がこれだよザマーミロ、バーカバーカと正直思ってしまいました(すいません)。

源氏物語で散々人の女を寝とってきた光源氏が柏木に三ノ宮を寝取られたぐらい見事な因果応報です。一時的にはたまたま上手くいってても(W杯で偶然ベスト16)そのあとにちゃんと帰ってくるところまで一致しています。

ここまで見事な因果応報はなかなか見れたものじゃない。

 

この先の日本代表に注目しましょう。

(私は日本代表自体を応援していないわけではないので、監督が変わった上でこれから挽回するならば喜びます。)

 

 

 

R3予備試験論文結果とか 10/7

令和3年司法試験予備試験論文式試験に合格していました。

 

本当によかったです。次は口述試験です。全然準備してないので、本気で勉強します。

 

すでに合格している知り合いや友達に報告してアドバイスをもらうなどしました。

 

やはり、友達とか人との繋がりは大事ですね。最近、家から全く出てませんが、改めて思いました。

 

 

あと、iPhone13 Pro を注文しました。

 

私はiPhoneを2年で乗り換えすることにしています。それが一番コスパいいかなと思っています、。

 

iPhone11がもう2年経つので13に乗り換えようというわけです。

 

ちなみになぜProにしたかというと、普通のiphone13との差額を24で割ると1ヶ月1000円しか変わらないというのと、動画作ったりもしてみたいのでカメラ性能が高い方がいいだろうと思ったからです。

 

だけど来るのは11月入ってから。長すぎ。キャンセルして売ってるところで買おうかも検討してます。

 

まあ、そんなこんなでとりあえず論文受かれてよかったです。短答突破したのも今年が初めてです。